自然な印象を与える目の下の脂肪注入。適応部位やアフターケアについても解説

目の下の脂肪注入について学会での最新技術や痛みについて問い合わせてみました。

注入について学会での最新技術や痛みについて問い合わせてみました。この治療は、脂肪細胞を使用して目の下の部位に腫れや下垂を改善する整形手術です。

以前は、脱脂した脂肪を注入する方法が一般的でしたが、近年は、マイクロナノリッチファット注入が主流になっています。これは、脂肪細胞を特定の方法で処理して脂肪細胞を分離し、湘南地区の共立クリニックなどで再生したものを注入することで、定着率を高め、縮小や除去が可能になりました。

目の下の脂肪注入は、東京や日本全国の美容外科クリニックで行われており、専用の麻酔を使用して、治療後に痛みがある場合は、薬剤を使用して痛みを和らげることができます。

治療前には、診察が必要であり、個人差によって治療法が異なるため、医療機関に問い合わせることが大切です。治療後は、腫れや硬化が見える場合がありますが、数日から数週間で改善することが多いです。

目の下の脂肪注入以外にも、バストや顔、眼窩、ナノリッチファット注入、脱毛、歯科など、様々な分野で利用されています。CRF治療が行われる美容外科クリニックもあります。

老化による印象の改善や、ニキビ跡の治療など、多くの人々が美容整形を行っている昨今の現状ですが、治療前にはしっかりと情報を確認することが大切です。

© 2023 自然な印象を与える目の下の脂肪注入。適応部位やアフターケアについても解説